さまざまな歯のイメージ

CONTENTS

白くなる仕組

ホワイトニングで歯が白くなる仕組みはエナメル層表面の脱色から始まり、エナメル内部へと薬品が染み渡っていきます。その過程でエナメル層の構造を変化させ、光を乱反射するようにし、白く見えるようにします。

TOPICS

歯のビフォーアフター

施術にかかる料金

ホワイトニングの料金は、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングで変わってきます。白くするレベルや施術法でも変わってくるため歯科医との相談が必須になります。
白い歯

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには歯医者で行うオフィスホワイトニングと自宅で自分で行うホームホワイトニングの2種類あり、それぞれで必要な期間や白さが保てる期間が変わってきます。
歯科衛生士

施術に適しているか

ホワイトニングは口腔環境によって適している人と適していない人がいて、妊婦や虫歯がある人、使用する薬品が身体に合わない、歯周病がある場合にはホワイトニングが出来ないです。

歯を守る

ステインなどで歯に沈着してしまった色は池袋でホワイトニングを受けて白くしましょう。頑固な汚れも確実に落ちます。

歯の仕組み

歯が白いと美しく、健康的で、しっかり歯磨きされていると思われやすく、自己管理ができるという印象をあたえることが出来ます。
そのため印象操作が盛んな外国では歯は重要視され、幼い頃から歯科クリニックに通うことが多いとされています。
中でも歯を白くするホワイトニングを行う方は多く、歯が白い外国の方を見かけることも多いでしょう。
歯を白く健康的にしたいと感じている方に対し、比較的手の届く価格で施術が可能になっている現状は、医療福祉観点から見てもいい流れになりつつあると言ってもいいでしょう。
現在ではホワイトニングだけでなく、インプラント治療も多くの歯科が導入しています。
もちろん虫歯の治療や歯石の除去なども気軽に受けることができます。
歯のことで相談や治療を依頼したいという方は、まずは直接歯科医院に行き相談することから始めてみましょう。

最近では日本でもこのホワイトニングが広く一般的になりつつあり、歯が白いことが1つのステータスにもなっています。
そもそも歯のホワイトニングとは漂白によって成り立っています。
漂白と聞くと洗濯洗剤などがイメージされがちですが、基本的な仕組みは似ているものの、同じものではありません。
歯の構造は複数の組織で構成され、その大部分が人の体の中で一番硬いとされている「エナメル質」という組織によって覆われています。
このエナメル質は硬くほぼ無機質で出来ていますが、全体の数パーセントは有機質で出来ていて、年を取るとともにこの有機部分が着色されて色が目立ってきます。
それでも着色された有機部分は僅かで、そこまで色が目立つことはそうそうありません。
色が目立つ原因はエナメル質の下にある組織の象牙質で、この組織は年々厚みを増し、逆にエナメル層はすり減っていきます。
象牙質は元々黄色がかっていて、年を取ると歯が黄ばんでいくのはこのためです。ホワイトニングではまず歯を覆っているエナメル層を白くしていく作業から始まります。